歯槽膿漏は細菌増殖で臭う原因に

誰かと話をしているときに、何か臭いような素振りをされたりしたことはありませんか。相手が話しに集中できないように思えたら、もしかするとそれはあなたの口臭が原因かもしれません。
口臭の原因にはさまざまなものがありますが、その一つに歯槽膿漏が挙げられます。初期症状は分かりにくく、気付いていない方も多くいらっしゃいます。口臭が出るようになっているとしたら、それは結構症状が進んでしまっているサインかもしれません。

歯槽膿漏の前段階として歯肉炎があります。歯と歯茎の間に食べかすなどが原因でできた歯垢が溜まることで歯肉炎は起こります。この段階ではまだ歯と歯茎の間にできた溝は浅く、膿も出ていないため口臭はありません。
しかし、症状が進んでいき、歯と歯茎の間の溝がどんどん深くなっていき、歯槽膿漏になる頃には深い溝に細菌が増殖し、臭いを発生させるようなります。この細菌が代謝される過程で発生するメチルメルカプタンと呼ばれる揮発性硫化物が臭いの主な原因となります。玉ねぎの腐ったような臭いと表現されることもあるほど強烈な臭いです。

また、歯槽膿漏の特徴である歯槽骨が溶けて、膿が漏れ出るようになると、ネバネバとしたその膿も強烈な臭いを発生させます。口臭対策としては、まず丁寧な歯磨きを心がけることや洗口剤を使うこと、さらに市販の歯槽膿漏薬を使って悪化を防ぐことです。歯槽膿漏は進行すると治療が難しくなりますから、早めに歯科を受診することも忘れずに行いましょう。

歯科では臭いの原因となる細菌を歯石ごと綺麗に取り除いてくれます。歯石は歯ブラシでは落とせませんので、定期的に歯科で掃除をしてもらうことも口臭対策には不可欠です。

Copyright © 歯槽膿漏の原因とはなにか. All rights reserved.