一日二回の歯磨きが重要

強烈な口臭を引き起こす歯槽膿漏は丁寧な歯磨きが欠かせません。いくら歯医者さんで治療を行っていても、毎日の歯磨きが適切でなければ、それも意味のないことになってしまいます。では歯槽膿漏を改善させることができるような歯磨きの仕方とはどんなものでしょうか。

・朝と夜にしっかり歯磨きをする
夜寝ている間は一日の中で最も歯槽膿漏の症状が進行してしまう時間帯です。寝ている間は唾液の分泌が少なくなるので、それに乗じて口の中の細菌が一気に増殖してしまうためです。この細菌の増殖を少しでも減らす為には、寝る前にしっかりと歯磨きをすることです。
歯磨きをして少しでも口の中に元からある細菌を減らしておくのです。
朝起きると口の中がネバネバするということはありませんか。それは、口の中にたくさんの細菌が増えてしまっているサインです。朝にもしっかりと歯磨きをしましょう。

・歯間ブラシを毎日使う
歯槽膿漏の原因となる歯垢が溜まり、細菌が繁殖しやすいのが歯と歯の間の部分です。この部分は歯ブラシではなかなかキレイにすることができません。そこで活躍するのが歯間ブラシです。歯間ブラシはサイズが合っていないと歯茎を傷つけてしまうことになりかねませんので、サイズの合ったものを使うようにしましょう。

歯磨きの際に電動歯ブラシを使っている方もいらっしゃると思います。正しく使えば、普通の歯ブラシでは落としきれないような歯垢も落とすことができる効果的な道具なのですが、しっかり歯に当たっていなければキレイに磨くことができません。電動はブラシの落とし穴は適当に磨いて、磨いたつもりになってしまうことです。電動歯ブラシを使う際はくれぐれも注意しましょう。歯磨きの際は歯茎の腫れを取る歯磨き粉を使うことも効果的です。

Copyright © 歯槽膿漏の原因とはなにか. All rights reserved.