歯槽膿漏が重度化した場合は病院

歯槽膿漏は初期症状のうちは丁寧な歯ブラシを心がけることで改善されます。
しかし、初期症状は分かりにくく、気付かないこともあるため、気付いたころには症状がかなり進行していて重度になっているということもあります。歯槽膿漏が重度の場合は、自宅で行うセルフケアだけでは改善させることができませんので、病院を受診するようにしましょう。

歯と歯茎の間の溝に詰まってしまった歯石はある程度の深さであれば、歯茎の入り口から歯石を砕いて取り除くことが可能です。しかし、溝の深さが深く歯の根元にしっかりと歯石がこびり付いてしまっている場合は歯茎の入り口からの除去は難しいため、手術が必要となります。フラップ手術と呼ばれるこの手術は、麻酔をして歯茎を開き歯石が見える状態にしてから、歯石を取り除くというものです。

さらに歯槽膿漏が重症化した歯の場合、そのまま残しておくと周りの歯までも悪くする可能性が出てきます。ほかにも、歯茎から漏れ出る膿が鼻の方に流れていって蓄膿症になることもあります。また、重症化した歯に多く存在する細菌が血液にのって体中に回り、健康に悪影響を及ぼしてしまうこともあります。このようにもう治る見込みが乏しく、悪影響を及ぼすと判断された歯は抜歯しなくてはいけなくなります。

歯医者さんで歯槽膿漏の治療を受けたあとも安心はできません。再発しないように定期的に、できれば3ヶ月に一回は歯医者さんを受診して、汚れを取り除いてもらうようにします。そして、歯医者さんでは歯科衛生士によるブラッシング指導を受けられますから、歯垢を上手にとって歯槽膿漏を再発、進行させないために、効果的な歯の磨き方を身に付けるようにしましょう。

Copyright © 歯槽膿漏の原因とはなにか. All rights reserved.