歯槽膿漏の原因とはなにか原因を知る

30代を超えると多くの人が歯槽膿漏になると言われています。テレビのCMでも歯槽膿漏を改善させる効果のある歯磨き粉が取り上げられています。それほど多くの人が関心を持っている、そして恐れている病気と言えるかもしれません。歯槽膿漏とはどんな病気でしょうか。そして、歯槽膿漏の原因とは何でしょうか。
歯の健康の為のおすすめ歯磨き粉ランキングサイト。

歯槽膿漏は歯を支えている骨である「歯槽骨」から膿が漏れ出ている病気です。そのため、歯茎が腫れる、膿む、歯が揺れるなどの症状が現れます。放置しておくと悪化して歯が抜け落ちる、もしくは抜かなければならなくなります。
歯槽膿漏とは、よく耳にする歯周病とは違うのでしょうか。歯周病とは、歯の周辺の病気すべてを現しています。歯槽膿漏とは歯周病が重症化した状態のことです。

歯槽膿漏になると歯茎が腫れてしまい、歯磨きの時に歯茎から血が出るようになります。そして、放置しておくと歯茎の中で骨が溶けるようになってしまいます。歯が溶け始めると、骨の上にある歯茎が下がり、見た目では歯が長くなったように見えます。鏡を見てチェックしてみましょう。
もし、以前に比べて歯が長くなっているように見えるところがあれば、もしかすると歯槽膿漏になっているのかもしれません。また、疲れやストレスが溜まって抵抗力が弱くなっている時には、歯茎の腫れがひどくなり痛むようになります。

さらに、歯茎が腫れて膿が出ると、そのネバネバした膿が口臭の原因となります。しかし、自分の口臭はなかなか気付きにくいものです。歯槽膿漏による口臭は玉ねぎの腐った臭いとも表現される強烈なものですから、周りの人にも不快な思いをさせてしまいます。歯槽膿漏かもしれないと思ったら、同時に口臭対策も始めましょう。

Copyright © 歯槽膿漏の原因とはなにか. All rights reserved.